台南の新定番「黄金蕎麦探索館」で黄金蕎麦と蕎麦ビールを喰らおう!

黄金蕎麦探索館の蕎麦胡麻冷麺定食と蕎麦ビール

台南の玉井といえばマンゴー産地としても有名ですが、どうやら最近は蕎麦も有名との噂を聞きつけたので訪問してみました。

お店の名前は「黄金蕎麦探索館」。観光向けの工場とレストランの2階建てで黄金蕎麦がお待ちしてくれてます。蕎麦はコシがあってつるつる食べれるし、それを蕎麦ビールで流し込めばもうたまらん!という様子をお届けいたします。どうぞ!

台南の新定番「黄金蕎麦探索館」をご紹介!

黄金蕎麦探索館

さて、台南は玉井のバスターミナルから歩いて20分。民生路~中正路~内山公路をまっすぐ歩けば到着します。それにしても、広い道沿いに建物があまりないのでほんまにあるんかなー、と少し不安になりますが大丈夫です。

黄金蕎麦探索館

「台湾黄金蕎麦」の文字が見えますがここは入り口ではないので、道沿いをもう少し進みます。

黄金蕎麦探索館

ここまで来たら専用駐車場を中に入っていきます。

黄金蕎麦探索館

駐車場奥の右側にそっと佇んでいるこの扉が入り口です。1階は観光用の工場だそうですが、今回の目的は黄金蕎麦が食べることなのでスルー。直接2階へ上がりました。

黄金蕎麦探索館

2階の入り口を入ると、どでかい黄金蕎麦の4文字と飾り物たちがお出迎え。ニーハオ。

黄金蕎麦探索館

帰ってからホームページを見て確認してみたところ、もともとはごま油を製造・販売していた会社が、独自に蕎麦の黄金比率を開発して蕎麦の製造を開始したのが始まり。その後、その会社が蕎麦の製造・加工を行う会社:台灣黃金蕎麥有限公司を2008年に創設したそう。蕎麦は無農薬の自然栽培されているんですね。さすが黄金。

黄金蕎麦探索館

OEMや他のレストラン向けに原料を卸したりもしてるんですね。台湾で人気なんですな。

黄金蕎麦探索館

壁にはたくさんのサインがずらり。

黄金蕎麦探索館

こちら、黄金蕎麦の原料でございます。香ばしい色してますね。

黄金蕎麦探索館の蕎麦ビール

それではレストランへ向かいま、、、お!まさか。

黄金蕎麦探索館の蕎麦ビール

これはもしや。

黄金蕎麦探索館の蕎麦ビール

蕎麦ビール!はじめまして、ついに出会えましたね。早く座席について注文しよう。

黄金蕎麦探索館

では着席して注文、今回は蕎麦胡麻冷麺定食(220元)と蕎麦ビール(150元)を注文。お代は先払い、代金の10%がサービス代として加算され、今回は計407元(2,000円弱)のお支払い。

注文時、店員さんから何度も「蕎麦胡麻冷麺定食は日本の蕎麦つゆと違って、ごまだれやけど大丈夫?」と聞かれました。それが食べたいから注文してるんよ、お気遣いありがとう。台南人はやっぱ優しいね。

黄金蕎麦探索館

まずは蕎麦茶とおかきがやってきました。いい香り!

黄金蕎麦探索館
黄金蕎麦探索館

蕎麦と海苔が入ったおかき、そして海苔に挟まれた蕎麦のおかき。両方ともほんのり甘くておいしいね。

黄金蕎麦探索館の蕎麦ビール

と言っていたら、黄金蕎麦ビールのご登場。いらっしゃいませ。

黄金蕎麦探索館の蕎麦ビール

ここで選手交代のご案内。「蕎麦茶 Out、蕎麦ビール In。」

お先に乾杯!うまい!炎天下の下、歩いた甲斐がありますな。ビールの味はクラフトビールらしく飲み口はスッキリ、後味はすこしガツンと効いてきます。ただ正直言うと、蕎麦の風味はあまりしないかな。でも、蕎麦を待ちながら飲むビールは格別ですな。

黄金蕎麦探索館の蕎麦ビール

定食についてくるマンゴーがここで登場。マンゴーとおかきとビール。すんごい組み合わせ。

黄金蕎麦探索館の蕎麦胡麻冷麺定食

マンゴーを先に食べるか後で食べるか悩んでいると、ついに黄金蕎麦がやってきました。マンゴー君よ、きみはまたあとで。

黄金蕎麦探索館の蕎麦胡麻冷麺定食
黄金蕎麦探索館の蕎麦胡麻冷麺定食

蕎麦とごまだれ一緒にズームどん!つやつやでたまらんね、食べちゃおう。

黄金蕎麦探索館の蕎麦胡麻冷麺定食

蕎麦を持ち上げましてー、

黄金蕎麦探索館の蕎麦胡麻冷麺定食

ごまだれにつけましてー、

黄金蕎麦探索館の蕎麦胡麻冷麺定食

いただきます。んー、そばの弾力すごいね!日本の蕎麦よりもコシがつよい気がする。ごまだれも濃厚で美味し、この味は少しそばつゆで割っているな、おそらくごまだれ:そばつゆ=7:3。当たってるかな。

黄金蕎麦探索館の蕎麦胡麻冷麺定食

続きまして、上のお揚げさんやお野菜さんたちをいただきましょう。

黄金蕎麦探索館の蕎麦胡麻冷麺定食

ごまだれにつけてズルズルとすすります。お揚げさんも甘辛く炊かれているね、どん兵衛のお揚げさんぐらいしっかり味ついてるから、味がごまだれにも負けてないね。美味しゅうございます。

黄金蕎麦探索館の蕎麦胡麻冷麺定食と蕎麦ビール

そして、こいつで蕎麦を流し込む。もはや説明不要ですね。

黄金蕎麦探索館の蕎麦胡麻冷麺定食

それでは蕎麦以外もいただきましょう。まずはだいこん、醤油ベースで炊かれていてどこか日本っぽい味付けやな。いいかんじ。

黄金蕎麦探索館の蕎麦胡麻冷麺定食

続いてきくらげ、こちらはピリ辛。ビールによく合うように味付けされているぞ。これはビールをたくさん飲ませようと黄金蕎麦探索館が仕掛けた罠やな。わたしゃ騙されませんよ。

黄金蕎麦探索館の蕎麦胡麻冷麺定食

そしてきのこのお吸い物。あっさり薄味でいいね!濃い味付けが続いたころにお吸い物で口内をリセット。そしてまた蕎麦を食べ進める、ナイスなコンビネーション。あっという間に蕎麦を完食しちゃいました。

黄金蕎麦探索館のパンナコッタ

そして最後は奶酪(nǎi luò)、中国語でパンナコッタです。

黄金蕎麦探索館のパンナコッタ

パンナコッタのしっかりした食感と上にのっている黄金蕎麦のカリカリがいいね、うまい。

黄金蕎麦探索館

いどれもおいしかったなー、ごちそうさまでした。ちなみに蕎麦を食べ終わったら怒涛の早さでお盆を下げられました。海外あるあるかな。

黄金蕎麦探索館おみやげ屋

レストラン横におみやげ屋が併設されていて、黄金蕎麦や蕎麦茶、蕎麦のおかきやごまだれなどが購入できます。しかもここだけ限定でお安く販売されているそう(それゆえ内部は写真NG)。

黄金蕎麦探索館

そしてお店を後にすると、どでかい看板のおやじと目が合いました、たぶん創業者やろうね。また来たときはよろしくねーっとそっと伝えて、黄金蕎麦探索館をあとにしたのでありました。

  • お店情報:黄金蕎麦探索館
  • 住所:714台南市玉井區內山公路288號(Google Map)
  • 最新の営業時間はFacebookでご確認ください!

関連記事:台南・玉井を散歩したら愉快でクレイジーでした。

関連記事
記事検索はこちらから☟