カンパチの竜田揚げを作った(作り方・レシピ)

さかなリハビリ(カンパチの竜田揚げの作り方)

台南で7か月生活している間、ほとんどさかなに触れていなかったので、日本でさかなリハビリをすることに。今回は第一弾、カンパチの竜田揚げを作りました。ふわふわなカンパチの身と、味付けサクサク衣が最高にマッチ。無事リハビリ成功しました。という様子を記しておきます。ではどうぞ。

材料

  • カンパチ 片身
  • つけダレ(しょうゆ:酒=1:1 + おろししょうが)

これぞシンプル。うまいもんに余計な味付けせんでええんです。

今回のレシピ

  1. カンパチを一口サイズにカットする。
  2. カンパチをつけダレにつける、時間はお好み。
  3. 180度の油で3~4分揚げる。揚げたら余熱で中まで火を通す。
  4. 盛り付けて完成。

簡単です。では写真で作る様子をお届けいたします。どうぞ。

さかなリハビリ(カンパチの竜田揚げの作り方)

今回の主役、カンパチさん。まずはカマを外します。

さかなリハビリ(カンパチの竜田揚げの作り方)

腹骨と中骨を取って、今回は皮引きもしました。別に皮引きする必要はないですが、ひさびさに皮引きしたくなったので。腹側にちょっと皮が残りましたが、細かいことは気にしない。

さかなリハビリ(カンパチの竜田揚げの作り方)

つけダレに一口サイズにカットしたカンパチを入れます。

さかなリハビリ(カンパチの竜田揚げの作り方)

まぜまぜ。そして今回は3分ほど放置。

さかなリハビリ(カンパチの竜田揚げの作り方)

なかなかいいかんじ。

さかなリハビリ(カンパチの竜田揚げの作り方)

片栗粉をまぶします。

さかなリハビリ(カンパチの竜田揚げの作り方)

あとは180度の油にダイビング。

さかなリハビリ(カンパチの竜田揚げの作り方)

ぼこぼこ言ってます。

さかなリハビリ(カンパチの竜田揚げの作り方)

3~4分揚げたらこんなかんじ。美味そう。

さかなリハビリ(カンパチの竜田揚げの作り方)

油をきってる間に、余熱で中まで火を通します。

さかなリハビリ(カンパチの竜田揚げの作り方)

中身チェック。合格。

さかなリハビリ(カンパチの竜田揚げの作り方)

あとは盛り付けして完成!すだちが余ってたので添えました。

さかなリハビリ(カンパチの竜田揚げの作り方)

横からの見た目。盛り付けと目標は高ければ高い方がいいんです。間違いない。

さかなリハビリ(カンパチの竜田揚げの作り方)

と同時に、カマが焼けました。

さかなリハビリ(カンパチの竜田揚げの作り方)

ズームどん。美味いに決まってるので、味の説明は省略。

まあ、さかなのリハビリ第一弾はこんなかんじで無事終了。素材が良ければ余計なことはしない、これが鉄則。素材が良くないから過剰に加工して映えるようにするんです。ん、なんの話や。ではでは。

by
関連記事
記事検索はこちらから☟