金目鯛のだししゃぶ&雑炊が美味しかった日。(作り方・レシピ)

当ページはプロモーションが含まれます。

先日、大阪の泉佐野漁協青空市場へ魚を仕入れに行ったときのお話。お目当ての鯖を仕入れた後に市場をぷらぷらしていると、1,500円で売られている金目鯛とふと目が合いました。しばらく見つめ合っていると、お店のおっちゃんから「兄ちゃん、もう1,000円にまけといたるから買うてって!」と一言。

おそらく見つめ合っていた私にお店の前からどいてほしかったのでしょう。おっちゃんに感謝を伝え、金目鯛をゲット。生食はNGと言われたので、だししゃぶと雑炊にして頂きました。というわけで、レシピと様子を綴っておきます。

今回の金目鯛のだししゃぶ&雑炊の材料とレシピ

材料

  • 金目鯛 1本
  • パックだし 1袋
  • 水 お鍋一杯になる程度。
  • ごはん 茶碗2杯分
  • 塩 少々
  • 玉子 1個
  • のり、ねぎ、薬味 好きなだけ入れちゃって。

レシピ

  1. 金目鯛の身をしゃぶしゃぶ用に薄く切る。
  2. 金目鯛の頭と骨を焼く。
  3. だしパックでだしをとって、2を入れてグツグツ。
  4. お好きなだけしゃぶしゃぶ。
  5. 米とたまごを入れて雑炊。最高。

レシピはこちらのYoutubeを参考にしました。ありがとうございます。

では、金目鯛のだししゃぶ&雑炊の様子をおさらい。

金目鯛のだししゃぶ&雑炊はこんなかんじでした

泉佐野漁業協同組合青空市場

まず仕入れ。こちらが泉佐野漁業協同組合青空市場でございます。営業時間は10時~17時頃まで、水曜が定休日です。漁船が出港した日は14時からセリが行われ、一般客も見ることが可能です。出港の情報は泉佐野漁協組合青空市場の公式Instagramで確認できるので、訪れる際はぜひチェックしましょう。

金目鯛のだししゃぶ&雑炊が美味しかった日(作り方・レシピ)

ぷらぷらしているときに目が合った金目鯛ちゃん。かわいくて安いのに1,000円にまけてくれるなんて、大阪のおっちゃんは優しいのお。ありがとうございます。

金目鯛のだししゃぶ&雑炊が美味しかった日(作り方・レシピ)

今回の主役さん。今回は自分で捌きたいので鱗と内臓だけ処理してもらいました。お店にお願いすれば、三枚おろしなども対応してくれますよ。

金目鯛のだししゃぶ&雑炊が美味しかった日(作り方・レシピ)

さっと水で洗い、しっかり水気を拭きます。

金目鯛のだししゃぶ&雑炊が美味しかった日(作り方・レシピ)

頭とカマをまずカット。

金目鯛のだししゃぶ&雑炊が美味しかった日(作り方・レシピ)

三枚おろしにして、腹骨と中骨をとりのぞきます。

金目鯛のだししゃぶ&雑炊が美味しかった日(作り方・レシピ)

あとは薄くカット。ちょっと失敗しましたな。まだまだ練習が必要です…

金目鯛のだししゃぶ&雑炊が美味しかった日(作り方・レシピ)

頭とカマは半分にカット。

金目鯛のだししゃぶ&雑炊が美味しかった日(作り方・レシピ)

頭に鱗が残ってたので、鱗をペットポトルのふたで除去するぞ。

鱗の除去完了。ペットポトルのふたはこのままポイできるから、処理が楽でいいんよねー。

金目鯛のだししゃぶ&雑炊が美味しかった日(作り方・レシピ)

頭を焼きました。魚焼きグリルがなければ、フライパンで焼いてもよし。ちょっと焦げ目がつくくらいがちょうどいいね。

金目鯛のだししゃぶ&雑炊が美味しかった日(作り方・レシピ)

だしパックで取っただしの中に、金目鯛の頭と骨をダイブさせます。そして少しグツグツ。

かね七の「料亭仕込み 天然だしの素パック」

今回はかね七の「料亭仕込み 天然だしの素パック」でだしをとりました。

金目鯛のだししゃぶ&雑炊が美味しかった日(作り方・レシピ)

3分ほどグツグツしたら、レッツしゃぶしゃぶ!

金目鯛のだししゃぶ&雑炊が美味しかった日(作り方・レシピ)

しゃぶしゃぶしゃぶしゃぶしゃぶしゃぶしゃぶシャブ。

金目鯛のだししゃぶ&雑炊が美味しかった日(作り方・レシピ)

いいかんじ。っと思いきや、歯抜けみたいなってるやん。まあよしとしよう。

今回はポン酢につけて喰らいました。美味すぎてとまらんぜよ。

金目鯛のだししゃぶ&雑炊が美味しかった日(作り方・レシピ)

しゃぶしゃぶの後は、雑炊を堪能。味付けは塩とのりだけ。シンプルこそが一番。

まとめ

金目鯛のしゃぶしゃぶは美味しすぎるので、シャブシャブ中毒にならないように気をつけましょう。次回はポン酢じゃなくて、だしに味付けしてそのまま喰らってもよさそうね。ではでは。

by
関連記事
記事検索はこちらから☟