第2回サバのきずし(しめさば)DIYひとりフェス

サバのきずし

第1回サバのきずしDIYフェスティバルから早1か月。しばらくサバを食べないと身体がうずいてくるので、第2回フェスを開催しました。今回も参加者は私のみ、いや、永遠に私のみ。

今回はバイト先の魚屋に勤めている魚歴35年のレジェンドにアドバイスをちょこっといただき、少し作り方を変えてみたら最高の出来になりました。というわけで、早速その様子をどうぞ。

今回のサバのきずしレシピ

用意したもの

  • きずし用のサバ 半身
  • 酢 200ml
  • 砂糖 100g
  • だし昆布 1枚(なくても大丈夫)

作る手順

  1. サバをべた塩で3時間つける。
  2. 酢と砂糖とだし昆布を鍋で火を入れ、沸騰直前で火を止め冷ます。
  3. べた塩したサバを2.に漬け、1日酢〆する。
  4. 皮を剥いで骨を取れば、完成。

用意したもの、作る手順ともにシンプル、それでいて美味。
では、今回の様子を写真で振り返ります。

サバのきずし

今回は富山県産のサバちゃん。きちんと魚屋できずし用のサバを仕入れました。これで安心。

サバのきずし

サバのとなりに”ババア”がひっそり佇んでました。正式名は「タナカゲンゲ」、山陰や日本海側で獲れる魚で美味しい出汁が出るそう。鍋や吸い物にしてみたいな。

サバのきずし

さて、話を戻しましょう。今回は魚屋にてサバを三枚おろししてもらいました。しかも無料で。ありがとございます。

サバのきずし

しかも腹骨はずしてくれてる。優しい。

サバのきずし

べた塩する前に、サバの水分を拭き取らないと。

サバのきずし

背中もふきふき。

サバのきずし

水分を拭き取ったらバットにサバを置いて、レッツべた塩。

サバのきずし

まるで雪化粧。

サバのきずし

サバをべた塩したら、ラップして3時間放置。時間書いておこう。

サバのきずし

その間に割り酢を作っておこう。酢・砂糖・だし昆布を鍋に入れて、沸騰直前でストップ。このタイミングでだし昆布は取り除きました。そして割り酢を冷ましたら準備完了。

「このひと手間で、酢がまろやかになるんよ」

これぞレジェンドの教え。きちんと遂行いたしました。

サバのきずし

3時間べた塩したサバがこちら。

サバのきずし

しっかり水分が抜けてますな。サバを水でさっと洗ってふきふきしたら、さあ酢締めの開始だ。

サバのきずし

バットの代用でグラタン皿。そこにサバを置いちゃって。

サバのきずし

割り酢をトクトクトク。

サバのきずし

さらさらさらー。

サバのきずし
サバのきずし

まさかの半身浴。割り酢不足。というわけで、

サバのきずし
サバのきずし

おちょこで割り酢かさまし大作戦。心地よく浸かってる感じにはなったかな。

サバのきずし

そしてラップをしていざ酢締め。1日ごゆっくり浸かってね。

サバのきずし

1日酢締めしたサバがこちら。しっかり浸かってる。

ちなみに、半日経った時にサバをひっくり返しました。あと、しっぽ部分を少しだけ味見したので、サバがちょっと小さく見えますね。

サバのきずし

では最後の仕上げ。皮をちゃっと剥いで、中骨を抜いたらカットしていきます。

サバのきずし

ええかんじ、ええかんじ。半分はそのまま刺身にして、もう半分は炙りで喰らいます。

サバのきずし

ボーボー炙って、サバの表面から脂がジュワーっと出てきたらOK。

サバのきずし

完成。つやつや。

サバのきずし

ズームどん。てかり強し。

ここまできたらあとは喰らうだけ。いただきます、と同時にお箸が止まらなくなり、すぐにごちそうさま。やっぱり自分できずし作るのは楽しいし、おいしくできたらとても満足でハッピーでDerp。

いやー、レジェンドのご指導があったので、今回はサバのきずしを上手に作ることができました。レジェンド、ありがとうございました。

2023-03-12|タグ: ,
関連記事
記事検索はこちらから☟