第3回サバのきずし(しめさば)DIYひとりフェス

サバのきずし

前回のサバのきずしDIYフェスティバルから1週間ほど。サバが体内から消えるとがまんできないのか、すぐにきずしを作ってしまう私。とはいえ、台湾に行く前の最後のきずしフェス。台湾にいくときずしはつくれないので、しばらくきずしとはお別れ。そんな様子をどうぞ。

今回のサバのきずしレシピ

用意したもの

  • きずし用のサバ 半身
  • 酢 100ml
  • 砂糖 60g(大さじ4杯)
  • レモン 1/2個
  • スイートバジル 飾りつけ用

作る手順

  1. サバをべた塩で3時間漬ける。
  2. 酢と砂糖を鍋で火を入れ、沸騰直前で火を止め冷ます。
  3. べた塩したサバを2.に漬け、レモンスライスを入れる。
  4. 1日酢〆し、皮を剥いで骨を取れば、完成

前回と違うのは、レモンを使っていること。それでは写真できずしの様子を振り返ります。

サバのきずし

今回のサバちゃんはこちら。産地は鳥取県産だったような、うろ覚え。

サバのきずし

いつもどおりべた塩。

サバのきずし

裏側もしっかりべたべた。

サバのきずし

3時間べた塩したサバがこちら。

サバのきずし

ビニール袋にサバと酢と砂糖を入れ、漬けていきます。

サバのきずし

そしてこいつの登場だ。

サバのきずし
サバのきずし

レモンでサバをはさむニダ。そしてあとは1日冷蔵庫でしっかり漬けるだけ。

サバのきずし

サバを1日漬けた様子がこちら。

サバのきずし

腹側もしっかり漬かってるね。

サバのきずし

腹骨と中骨を取り除いてあげまして。

サバのきずし

背を上に向けて、カットしていきます。

サバのきずし

もうちょっと薄く切ったらよかったかな。まあ、ええとしよ。

サバのきずし

切り身の半分をバットにのせまして。

サバのきずし

こいつの登場ということは、、、

サバのきずし

ファイヤー!サンダー!

サバのきずし

ボボボーボ・ボーボボ。ジュワワワパッチパチ。

サバのきずし

あとはお皿にのせて、レモンとスイートバジルをちらしてあげれば、あっという間に炙りきずしの完成!

以上で終わり。というのはさみしいので、サバのきずしを使ってもう一品。

サバのきずしなめろうの作り方

  • サバのきずし 数切れ
  • アンチョビ 1枚
  • ニンニク ひとかけ
  • 塩コショウ 適量
  • レモン汁 適量
  • オリーブオイル 適量
  • スイートバジル ひとふり

〇作る手順

  1. サバのきずし・アンチョビ・にんにくをひたすら刻む。
  2. 調味料もろもろ全部まぜる。
  3. さらにまぜる。完成。

では、写真でなめろうを作る様子をお届けいたしますぞ。

サバのきずしなめろう

今回はサバのきずしを9切れつかいました。

サバのきずしなめろう

細かく刻んで、包丁でトントントン。

サバのきずしなめろう

人生で初めてアンチョビを購入、100円ローソンでゲット。

サバのきずしなめろう

アンチョビ1切れって、こんなに小さいのね。初めて知りました。

サバのきずしなめろう

包丁で細かく刻んで、さらにトトトントントン。

サバのきずしなめろう

にんにくも細かく刻んだら、調味料もろもろ全部ボウルに入れちゃって、混ぜまぜマゼ。

サバのきずしなめろう

あとはお皿に盛り付け、レモンを添えたら完成。カンタン3分で完成ダヨ。

サバのきずしなめろう

パンにのせて食べたらちょうどいいかんじ。酸味がたまらんたまらん。そして一度食べると手がとまらんとまらん。完食してごちそうさまでした。

まとめ

というわけで、台湾ワーホリ前最後のサバのきずじフェスティバルの様子をお届けしました。やっぱり好きなことをするのは楽しいですな!サバのきずしを作ることがまさか自分の趣味になるなんて。

きずしフェスはしばらく休止して、台湾ワーホリ後に再開予定。これで日本に帰ってくる楽しみがひとつ増えたな、よし。とか言って、日本に帰ってこなかったらどうしよ。まあええか。

by
関連記事
記事検索はこちらから☟