屏東・霧台「獵王小棧」で愛玉とカフェラテを頂いたらめちゃええかんじ。

屏東・霧台「獵王小棧」

先日、霧台へ日帰り観光したときのお話。霧台は台湾・屏東県の山間部にある人口約3,000人の小さな町で、人口の多くを台湾の原住民族である魯凱族が占めてます。

前回紹介した霧台のカフェレストラン「紅蝦花之家」を後にして、霧台名物の愛玉を食べにやってきたのが今回紹介する「獵王小棧」です。愛玉は愛玉子という植物を水の中でもみもみして、その水がゼリー状になったもののことです。つまり、超天然ゼリー。

今回はその愛玉に加え、これまた霧台名物である珈琲豆を使用したカフェラテを霧台の自然を眺めながら一緒にいただきました。そしたらとってもハッピーな気分になったので、その様子を記しておきます。では、どうぞ。

屏東・霧台「獵王小棧」外観

こちらが「獵王小棧」でございます。まるで崖の上にちょこんと佇んでいるような雰囲気。京都・鴨川の納涼床みたい。

屏東・霧台「獵王小棧」外観

お店はカウンターに8席ほど+テーブルが2つのコンパクト仕様。この日は台湾のきれいな女性たちがカウンターでお食事していて、とても様になっていたのが印象的。多分いつ来ても台湾のきれいな女性でにぎわっているんやろうなー。

屏東・霧台「獵王小棧」ポスター

2019年に屏東で開催された「台湾ランタンフェスティバル」でオススメ店に選ばれたそう。

屏東・霧台「獵王小棧」

入店したら、原住民のお母さんが優しく迎えてくれました。ニーハオ。

屏東・霧台「獵王小棧」

キッチン上の猪のはく製と鹿?の頭蓋骨も一緒にお出迎え。ここでメニューをもらって着席することに。

屏東・霧台「獵王小棧」

着席してまずは自然を眺めて一息。檸檬愛玉とカフェラテを注文し、先に会計して再度着席。

屏東・霧台「獵王小棧」の愛玉とカフェラテ
カフェラテ(原味拿鐵)130元、檸檬愛玉 50元。

待つこと3分、すぐにやってきました。見た目の涼しさが、歩いて火照った身体を冷やしてくれるぜ。

屏東・霧台「獵王小棧」の愛玉

まずは檸檬愛玉。ズームどん。

屏東・霧台「獵王小棧」の愛玉

さらにズームどん。ぷるんぷるん。よーく見ると、愛玉と少し氷が入っています。分かるかな。

屏東・霧台「獵王小棧」の愛玉

では、いただきます。見た目と同じく、食感も結構ぷるぷる!

屏東・霧台「獵王小棧」の愛玉

愛玉自体には味がないので、レモンシロップの味が少し濃い目やけど、氷が少しずつ溶けてちょうどいい濃さになります。お母さんの計算通りかね。甘みも酸味もええかんじ。

屏東・霧台「獵王小棧」のカフェラテ

続いてカフェラテ。いただきやす。

屏東・霧台「獵王小棧」のカフェラテ

お!見た目はミルクたっぷりでマイルドなのかと思いきや、意外とコーヒーの味が強い!コーヒーは苦みが特徴で、酸味はほぼなし。パンチ結構強め。

屏東・霧台「獵王小棧」の向かい

私の後に入ってきたバイク客が頼んだ炒麺はお店向かいのお家からお父さんが運んできました。ここがお住まいなんですね。

屏東・霧台「獵王小棧」の愛玉

さて、食事再開っと思ったら、氷が全部溶けてました。早いな。

ゆっくり食べようかと思いきや、次々とお客が入ってくるではありませんか。やはり人気店なんですな。

屏東・霧台「獵王小棧」の愛玉とカフェラテ

ちょっと急ぎ目で完食、ごちそうさまでした。期待していたよりも美味しかったな。

屏東・霧台「獵王小棧」外観

お店をあとにすると、なんやら糸を持っているデカ女像を発見。そういや、霧台は編み物も有名で、原住民族衣装も全部自分たちで作っているんだとか。さすがですね。

霧台、めっちゃ気に入ったからまたいつかやって来よう。その時には獵王小棧で愛玉とカフェラテはマストですなー。ではでは。

  • お店:獵王小棧
  • SNS:FacebookInstagram
  • 住所:屏東縣霧台鄉岩板巷52-44號(Google Map)
  • *最新の営業時間はGoogle Mapで確認してください!
by
関連記事
記事検索はこちらから☟