台南で夜中2時に歌いたくなったら地元民が通うバー「四号碼頭歌唱運動主題酒吧」へ突撃だ!

四号碼頭歌唱運動主題酒吧

昨晩のこと。昼寝しすぎて夜に眠れなくなり、河島英五や上田正樹など昭和歌謡を聴いていたらあっという間に夜中の2時。それでも眠れず、なんなら急に歌いたくなったので、Google Mapで夜中2時に歌えるお店を検索。そして見つけたお店が「四号碼頭歌唱運動主題酒吧」。

台南の地元の人が集うスポーツカラオケバーで日本人はゼロ。それでもみんなが優しくしゃべってくれたり、日本語の歌を歌ってくれたりと、なかなかディープな経験ができました。というわけで、その記憶を綴っておきます。

台南のスポーツカラオケバー「四号碼頭歌唱運動主題酒吧」

四号碼頭歌唱運動主題酒吧

「四号碼頭歌唱運動主題酒吧」を翻訳すれば「四号ふ頭カラオケスポーツバー」と言ったとこでしょうか。場所は台南市開山路にございます、どでかい看板が目印。夜中の2時過ぎは周辺のお店は閉まってます。

四号碼頭歌唱運動主題酒吧

早速入店!

四号碼頭歌唱運動主題酒吧
四号碼頭歌唱運動主題酒吧

階段を上って、2階にお店がございます。

四号碼頭歌唱運動主題酒吧

なかなか広いお店!カウンターとテーブル、カラオケステージもあるぞ!

四号碼頭歌唱運動主題酒吧

カウンターに座り、ドリンクを注文しよう。

四号碼頭歌唱運動主題酒吧

ビール類ねー。下にしっぽりとカオナシ。

四号碼頭歌唱運動主題酒吧

ボトル類ね、ウイスキーやブランデーもございます。

四号碼頭歌唱運動主題酒吧

ノンアルコールもあるのね、優しい。結局、ハイネケンの瓶ビールをオーダー。

すると、隣に座っていたおじさんが「乾杯!」とグラスをチンとしてきたので一発でゴクリ。「ゆっくりしていってねー」って、あんたここのオーナーかい!そして記念にセルフィー、この手のポーズもう古いよね。

四号碼頭歌唱運動主題酒吧

さてさて、何の曲が流れているのでしょうか。

四号碼頭歌唱運動主題酒吧

台湾語の歌でしょうか、まったくわからぬ。

四号碼頭歌唱運動主題酒吧

レトロなゴールデンスタンドマイクが店奥で仁王立ち。ちょっと待っといてね。

四号碼頭歌唱運動主題酒吧

他のお客が歌い出した、黃品源の「白鷺鷥」。聴いたことないなーって思ったら、夏川りみの「涙そうそう」。中国語バージョンではなく、台湾語バージョンでした。聴き取れへんけどメロディーで分かるよねー。

四号碼頭歌唱運動主題酒吧

「鄧麗君、知ってる?一緒に歌おう!」

「いや、知らん!」

「ほな日本語バージョン歌うから聴いといて!」

四号碼頭歌唱運動主題酒吧

メロディーが流れてテレビ画面に曲名が表示されたら、なんとテレサ・テンの「愛人」でした。テレサ・テンの中国語名って、鄧麗君なんですね。

このあと、私はテレサ・テンの「時の流れに身をまかせ」を日本語で歌いました。中国語バージョンは「我只在乎你」です。

四号碼頭歌唱運動主題酒吧

また別の客から「この曲いいよ!」と言われて流れてきたのが、姜育恆の「最後的溫柔」 。いや、難易度高っ!練習しとけっていうメッセージ?

なんて言っていたら、あっという間に3時過ぎに。今日は1時間くらいでさくっと帰ろうと決めていたので、みんなにバイバイして帰るのでした。

四号碼頭歌唱運動主題酒吧

いやー、なかなかディープなスポットをまたまたたまたま見つけてしまいましたな、「四号碼頭歌唱運動主題酒吧」。やさしいオーナーと地元のお客さんに囲まれて歌うことができます。中国語話せる方は、台南に来た際に一度飛び込んじゃって、時の流れに身をまかせてみてはいかがでしょうかー?

by
関連記事
記事検索はこちらから☟