すだちさばは脂乗りが良く臭みがないのでサバ嫌いでも食べれるかも!

2023年に出荷が始まったすだちさば。すだちさばとはその名の通り、徳島県の名産であるすだちの果皮を使った餌を食べて育った養殖サバです。

すだちさばの売りは、すだちに含まれるポリフェノールの効果で臭みが少なく色変わりが遅いこと、ビタミンEが天然サバの約7倍含まれていること。また、脂乗りが非常に良く、まるでマグロのトロのよう。

先日、すだちさばを運よく入手できたので、実際に捌いて食べてみた様子と感じたことを紹介いたします。どうぞ!

すだちさば

今回ゲットしたすだちさばさん。すだちが入った餌をしっかり育ったマサバが出荷されとるんですな。身が真ん丸で期待大です。

すだちさば

毎度恒例、おなかチェック!身が厚めで期待が膨らみますな。写真はないですが、内臓脂肪もたっぷりだったので脂乗りは間違いないです。

すだちさば

三枚おろし。身が白い!サバはもちろん青魚ですが、まるで白身魚のよう。これもすだちの餌のおかげなのか?

すだちさば

ズームどん。身の表面が脂でテカテカ。

すだちさば

一度捌けば分かります、その言葉。

すだちさば

腹骨と背骨をすいて刺身にしました。捌いてみて分かったのですが、すだちさばは脂乗りが良いので身がやわらかく、刺身にするときは身崩れしやすいです。身側からではなく皮側から切れば、身崩れを少し防ぐことが出来ました。

すだちさば

ズームどん。醤油とわさびでいただきました。まず口に入れて驚き、脂がめちゃくちゃ多い!とろける食感。そして飲み込んだ後も、まったくサバ特有の臭みを感じません。これがすだちの効果か、やるねえ。これやったら、サバ嫌いでも食べれるんちゃうかな。

個人的評価ですが、以前食べた兵庫県の養殖サバ『活キ姫サバ』と比べても、脂の多さではすだちさばの勝ちです。すだちさばの刺身をお米にのせて喰らえば、あっという間になくなっていました。ごちそうさまでした。

今回はすだちさばを刺身だけで頂きましたが、塩焼きしたら脂がまた違う美味しさになって、これまたたまらんでしょうな。そのときは、すだちを搾るのをお忘れなく。

✓BIG NEWS!門脇屋本舗さんという魚屋さんのオンラインショップですだちさば(-60℃急速冷凍品)が購入できますよ!もちろん刺身もOK!数量限定だそう、急げ!

》》門脇屋本舗さんオンラインショップはこちら》》

》》門脇屋本舗さんのインスタグラムはこちら》》

by
関連記事
記事検索はこちらから☟